Importance Factor (I) - PV Elite - ヘルプ - Hexagon PPM

CodeCalc Help 23

PPMProduct
PV Elite
PPMCategory_custom
ヘルプ

プログラムに使わせたい重要度係数の値を入力します。重要度係数は、生命と資産の危険の度合いを考慮します。ソフトウェアは修正なしにこの値を直接使用します。

ASCE 7-93、ASCE 7-95/98/02、UBC 1997 規格の代表的な重要度係数の値を次の表に示します。

下記の値は ASCE 7-93 で使用されます。一般にこの値の範囲は 0.95 から 1.11 までです。

カテゴリー

ハリケーン海洋ラインから 100 mi

海洋ライン

I

1.00

1.05

II

1.07

1.11

III

1.07

1.11

IV

0.95

1.00

カテゴリー分類:

I

以下の欄に分類されない建物と構造物

II

1つの区域に 300人以上が集まる建物と構造物

III

公共施設、病院その他の建物

IV

損壊を想定した場合に低いハザードである建物と構造物

ほとんどの石油化学構造物は 1, Importance I. ASCE-7-95/98/02 になります: 通常、この値の範囲は 0.77 から 1.15 までです。ASCE 95 Table 6-2 あるいは ASCE 98 Table 6-1 から得られます。

カテゴリー

重要度係数 (I)

I

0.87

II

1.00

III

1.15

IV

1.15

98 規格では、カテゴリー 1 に対して、風速 > 100 mph とあり、重要度係数は 0.77 となります。

カテゴリー分類:

I

損壊を想定した場合に低いハザードである建物と構造物

II

等級 I、III、IV にあるものを除く建物と構造物

III

損壊を想定した場合に著しいハザードをもたらす建物と構造物

IV

公共施設、病院その他の建物

ほとんどの石油化学構造物は 1, Importance I になります。UBC 1997 規格でのこれらの値を次の表に示します。

カテゴリー

重要度係数 (I)

I, 公共施設

1.15

II, 危険物を扱う施設

1.15

III, 特殊な占有施設

1.00

IV, 標準的な施設

1.0