Material Database Editor (材料データベースエディター) - PV Elite - ヘルプ - Hexagon PPM

CodeCalc Help 23

PPMProduct
PV Elite
PPMCategory_custom
ヘルプ

Material Database Editor ユーティリティでは、カスタマイズした材料を PV Elite あるいは CodeCalc 用に用意されている ASME 規格、PD 5500、EN 13445 の材料データベースに追加することができます。YouTube のデモを閲覧するには、次ににアクセスしてください: http://www.youtube.com/watch?v=GEtIRO4PwCw. ビデオは PV Elite を中心にして説明していますが、CodeCalc でも全く同じような操作になります。

ユーティリティは次のいずれかで開きます:

  • Tools (ツール) > Edit/Add Materials (材料を編集/追加)

  • [Program フォルダー]\Intergraph CAS\PV Elite\[Release Number] フォルダーにある MatEdit.exe

このユーティリティを使うと、拡張子 .bin の材料データベースファイルが [Program フォルダー]\Intergraph CAS\PV Elite\[Release Number]\System フォルダーに作成されます。これらのファイルには、追加したカスタマイズされた材料のみが含まれています。カスタマイズされた材料は、主となる材料データベースに統合することもできます。

  • 用意されている材料データベースには、現在の規格の許容応力が含まれています。古い材料を使う場合には、通常、カスタマイズした材料のみを追加します。あるいは異なる規格で材料を追加する必要があります。

  • 新しい材料を追加する場合には、適切な規格で作成します。Chart Data (チャートデータ)、Material Band (材料バンド)、S Factor (係数 S) など規格ベースの材料特性を入力します。必要な特性は編集するデータベースで変わります。

Material Properties (材料特性)

何を行いますか?