許容応力計算 - PV Elite - ヘルプ - Hexagon PPM

CodeCalc Help 23

PPMProduct
PV Elite
PPMCategory_custom
ヘルプ

一般に、膜応力は補正された許容応力 SE. と比較されます。補強部材では、ソフトウェアは膜応力を板の許容応力と梁の許容応力のいずれか小さい方と比較されます。また、穴がある場合には、膜のリガメント効率が実際の応力計算に考慮されますので継手効率が 1.0 とされます。

一般に、曲げ応力と全応力は補正された許容応力 SE を 1.5倍して比較されます。補強部材では、ソフトウェアは膜応力を板の許容応力と梁の許容応力のいずれか小さい方と比較します。また、板あるいは梁の降伏応力の 2/3 とも比較します。補強部材では、これら 4つの組み合わせのいずれか最小値が選択されます。また、穴がある場合には膜のリガメント効率が実際の応力計算に考慮されますので、中央断面での継手効率が 1.0 とされます。